トップイメージ

通常の経験の浅い方向けの外為取引の本では、「差損が生じた状況ではナンピン買いをしてポジション全体のコストを抑える事ができる」と説明されていますが、正直に言うとこれにはかなりのリスクがあると思います。たるみ解消island 眼の下の たるみ に効果のある美容液、クリーム

最初に、ナンピン買いの原理に関してごく簡単に説明します。どもり 改善

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。ロスミンローヤル ブログ

$買いのため円安になるほど黒字が出るわけですが、運悪く95円までドル安が進んだとします。広島 シースリー

そのままポジションを維持し続けたらマイナスをなくすためには損失分円安に動く必要があります。東京都の興信所浮気いくら

誰もがみんな、損失は早くリカバリしたいと願うでしょう。ロスミンローヤル 解約

これを解決するためはじめにエントリーしたのと同じ額のドルを1ドル95円で売買します。YouTube動画 涙腺崩壊

すると、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。中小消費者金融

つまり、2.50円の幅でドル高が進行すれば、損失を失くすことが出来ます。ロスミンローヤル アットコスメ

これが、ナンピン買いの理屈です。

このように、ナンピンの理屈をみると、「その通り」と考えたりするがマーケットはそう簡単に思った通りにはなりません。

1ドル=95円が底値だということなどなんびとも分かるわけがありません。

仮定として、為替が円高動向だったら1ドル95円ではとどまらず、一段の円高が進む危険性が高いです。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に1ドル=95円まで円高になっとしたならば、ナンピン買いをしたポジションも、マイナスが生じてしまいます。

この状態では、初めに保有したポジションと一緒に二重の損が生まれる事になります。

例示したとおり、ナンピンは難解です。

それなら、相場が筋書きとは逆の方向にすぐに進んだ場合どんな対応で危険性を回避すればいいのでしょうか。

この場面では選択できる対策は2つ。

ひとつは潔くあきらめて損を確定する事です。

もうひとつは今現在、自分が所有しているポジションを少なくする事によって改めて為替が元のようになるのを黙って待ち望む事だけです。

受動的な手段だとおっしゃる人もいるだろう。

しかし、自分が所有しているポジションにマイナスが生まれた時最も危険の少ない手法はこれ以上のものはありません。

ロジックとしては、ナンピンを入れるという考え方もあると思います。

だがナンピンは、あなたが損失を出しているにもかかわらず、買いポジションを減少させるどころかそれとは反対にポジションを積み重ねていく手段です。

この手段では、危険性を管理することなど、どこをどうやっても可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続ければやがては利益を上げられるかもしれません。

でも、そうなる先にお金は不足してしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.osmqz.org All Rights Reserved.