トップイメージ

月刊誌の宣伝広告、ゴシップ紙、繁華街に見かけるチラシや郵便広告で「多重借金の効率化任せなさい」「多重借金を統合しましょう」と書かれた惹句を読むことがあります。

こういうのは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介者」という名の悪徳会社のおとり広告の場合があるということです。

依頼した場合では破産手続きの中で一番大切な免責許可を手に入れられなくなる危険が存在します。

「片付け屋」では、負債者を寄せ集め、法外な代金をもらって債務整理を行いますが負債整頓は行われないで、債務者は一層の債務スパイラルに落ちる失敗がほとんどと予想されます。

「買取人」の場合クレジットで、家電製品、電車の利用券をいっぱい購入させ当人からこれらの品々を販売額の3割あるいは額面半値で購入するというやり方です。

負債者は一時はキャッシュが得られますが、いつかクレジット業者からの購入品の全額の請求がくることになり、結局のところ負債を増大させる結末になります。

この場合だとクレジットカード企業相手の犯罪とされてしまい免責を受けられなくなります。

「つなぎ業者」では貸金業者から断られるようになった債務者に関して直接の融通は一切せずに、金貸しを可能である他の貸し手を知らせ、依頼料を出させるグループです。

専門的な手続きで資金提供できたかに報告しますが現実は何もしておらず、単に審査の緩やかなルートを知っているだけなのです。

このケースも負債額を増加させるだけです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.osmqz.org All Rights Reserved.