トップイメージ

外国為替市場介入(為替介入)という言葉をご存知でしょうか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌記事、テレビ、ネット等の情報で見たみなさんも多いと思います。

最初から外国為替平衡操作(為替介入)といえば日本の場合、大臣(財務大臣)為替相場の安定性を実現させるために遂行する措置として評価されています。

わかりやすく言うと、極端な円高、円安が起こると財務大臣のお達しをもとに日銀が円を売り買いすることで為替の相場の安定化を狙う、といったことです。

外国為替市場介入(為替介入)にはいくつか方法があります。

1.単独介入・・・政府機関や日銀が、東京市場で市場に入って為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議し、各通貨当局の金を活用して同時もしくは時々為替介入(外国為替市場介入)を実施する。

3.委託介入・・・国外の銀行などに外国為替平衡操作(為替介入)を依頼する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の通貨当局に成り代わって為替介入(外国為替市場介入)を実施する。

この通り方法です。

いずれの為替の介入も一時的、または継続的に為替市場に大きな影響を与えるはずです。

外国為替市場介入(為替介入)の金額は当然自国の誇りをかけて行なうだけにスケールが大きいです。

円を基本にして例えると、普段は数銭ごとに動く円レートが一気に数円ごとの動きをするのです。

個人の投資家の方でしたら経験していると思いますが今までは期待通りに利益(または損失)が増えていたポジションを保っていたところに、持続している保有高が決済したとの内容の報告が業者の発信でメールが来ました・・・の儲けかな(損失が出たのかな)?と思いつつ決済データを確認すると自分で予想していた事とはまったく反対の内容であり驚いてしまったといった事例があります。

為替介入(外国為替市場介入)が実施された時によく起こることなのです。

為替介入を施行すると為替市場の流れと正反対の変化をします。

加えて変化する金の範囲はものすごく大きくでかく動くので気をつける必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.osmqz.org All Rights Reserved.