トップイメージ

学校を卒業したら、正社員で就職したいと思っている人が多いことでしょう。

でもしばらく景気の悪い状態が続いたため、やむを得ずアルバイトで働いている人もいると思います。

いわゆる「フリーター」です。

しっかりした勤め先を持つ人の中には、フリーターを「簡単な働き方」だと考える場合があります。

しかしそれは違うのです。

アルバイトとはいえ正社員と同じ内容で働き、ときには正社員の残業時間を減らすために、代わりに仕事をする事もあります。

責任を持って働くことに、雇用形態は関係ありません。

でも現実は、正社員が勤続年数によってキャリアアップしていくのに対して、アルバイトは違います。

いつまでたっても仕事の内容がレベルアップしないのです。

能力的な問題ではなく、最初の雇用契約によって仕事の内容が変わってしまうのは残念な事です。

せっかく意欲的に働いているのですから、ぜひアルバイトからでも安定した雇用形態に移行できるシステムが出来てほしいものですね。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.osmqz.org All Rights Reserved.