トップイメージ
現実にパソコンの。画面の前に座り、止まることなく上がったり下がったりしているレートを見ると、すぐに売り買いをしたいという衝動が生まれる方も少なくないと思います。だがしかし、漠然とした感覚でトレードすることだけは絶対に避けてほしい。確かに、外国為替市場は1日中常にどこかの国で市場はやっているし、市場も休みなく、変動している。しかし、立て続けにトレードを積んでいくとその回数分だけマイナスになる危険性が上がってしまいます。当然の事ながら、エントリーの回数を経験することによって、勝利する可能性が五分五分に近づくのは事実です。けれども「漠然とした勘でトレード」してしまうこととは別問題です。エントリー回数を積み重ねるというのは、自ら「ここは勝てる」と考える確信を持ったケースでのエントリー回数を重ねるという事を言っています。ただ、連続して取引を繰り返すのとは明確に違います。外国為替市場の駆け引きに負けないためには、考えて緩急をつけることが大切です。「ここがチャンス」と思った市場の時には、思い切ってポジションを積み増して意識して儲けを追求します。「難しい外国為替市場でどうなるか読めないな」と感じたならば、売買ポジションをひとつも残さないでクローズして何もしません。それぐらいのけじめをつけた方が、最終的にトレードはうまくいくものだ。相場の格言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通りだと思います。取引とはいつもポジションを保有する事がすべてではなく、どのポジションも持たずに何もしないことも場合によっては外国為替相場です。では、どのタイミングで休むといいのでしょうか。第1に考えられるのが、先述した通り、今の外国為替市場が具体的によく見えない時。これからどうなるのか決める事が出来ない時は、何も考えず行動すると、自分自身で考えた物語とは逆の方向に市場が変化してしまい損する事になってしまいます。そんな状況ではポジションを閉じ、そのまま何もぜずに見ているだけがいいと思います。次に、あなた自身の体の状態がすぐれない時です。体の調子と相場に関係ないと考える方もいると思いますが実はかなりつながりがあります。体の状態があまりよくなければ、相場の失敗できない場面で冷静な決定をする事ができない。関心がわかない時は相場から離れる事も大事な事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.osmqz.org All Rights Reserved.